BLOG

障害年金の種類をお伝えします。

2018/10/26
ロゴ

障害年金の種類をお伝えします。

 

こんにちは。本日は私から障害年金の種類をお伝えしたいと思います。

 

 

障害年金とは病気やケガによって障害が残った人に対して支払われる公的年金です。障害年金には2つの種類があります。まず1つめが「障害基礎年金」、そして2つめが「障害厚生年金」です。

「障害基礎年金」は、国民年金法の規定に基づいて支給される障害年金です。受給できる要件は、障害の原因である病気やケガについて初めて医師の診察を受けた日に、以下の項目のどれかに当てはまること、とされています。その項目は、「国民年金の被保険者」「かつては国民年金の被保険者で、国内に居住している60歳以上65歳未満」となっています。

「障害厚生年金」は、サラリーマンなどの厚生年金加入者に厚生年金保険法の規定に基づいて支給されます。受給できる要件は、障害の原因となった病気やケガについて最初に受診した日が厚生年金に加入している期間であること、そして、認定を受けた障害の等級が1級~3級程度であること、となっています。

 

以上が障害年金の一部を説明しました。

これから、随時みなさまの知っておくと得する情報を発信していきます!