CONCEPTコンセプト

埼玉で障害年金のご相談を承る当事務所は丁寧な対応を心がけています

コンセプト

埼玉の当事務所は豊富なご相談実績を増やしています

埼玉で障害年金に関する事なら、横田年金社労士事務所へご相談ください。
当事務所はこれまでの相談実績が豊富にあり、年々急増するうつ病をはじめとした精神障害を患い、年金の申請が通らないことでお困りの方にも丁寧に寄り添った対応を心掛け、誠心誠意サポートを行います。
当事務所の社労士は、過去に日本年金機構で審査に携わってきた者として勤務していた経歴があり、豊富な経験と専門知識を活かし、申請のサポートと受給を目指して、多角的な観点からアドバイスいたしますので、ご相談者様からは厚い信頼をお寄せいただいております。
埼玉の当事務所へ障害年金のご相談を希望される方は、事前に必ずご連絡ください。

SERVICEサービス

埼玉の当事務所は障害年金の受給を目指します

埼玉で障害年金の事なら当事務所へお任せください

  • 元日本年金機構職員が対応します

    埼玉で障害年金の申請に関するご相談なら、元日本年金機構の職員として障害年金の審査に携わってきました。
    当事務所の社労士は、実際に年金受給の審査に携わってきた者として携わっていたため、培ってきた豊富な専門知識の下、様々な助言が可能です。
  • 年金の受給を目指してサポートします

    埼玉で障害年金の申請が通過されないことでお困りの方は、受給を目指して誠心誠意サポートを行う当事務所へ気軽にご連絡ください。
    当事務所の社労士は、日本年金機構で審査に携わってきた者として勤務していたため、申請のサポートに協力いたします。
  • 年金の申請依頼なら気軽にご相談ください

    埼玉で障害年金の申請依頼をご希望の方は、当事務所の社労士へご相談ください。
    当事務所はうつ病をはじめとする精神障害を抱え、なかなか審査が通過せずお悩みの方に寄り添いながら、親切丁寧な対応を心掛け、お話をお伺いします。
NEWS無料相談会

埼玉で障害年金のご相談を承る当事務所からお知らせです

VOICEお客様の声

埼玉の当事務所へ障害年金のご相談をされたお客様の声

埼玉で障害年金の相談をされたお客様の声をご紹介

BLOGブログ

埼玉で障害年金のご相談を承る当事務所スタッフのブログ

埼玉の当事務所は障害年金の情報をブログで更新中

COMPANY会社情報

埼玉で障害年金の事は新座市内の当事務所が対応します

概要

会社名

横田年金社労士事務所

住所

埼玉県新座市栄4-8-34

電話番号048-211-2352048-211-2352
定休日

不定休

代表者

横田 眞治 (ヨコタ シンジ)

実績

「障害年金Q&A」
(埼玉県社会保険労務士会障害年金部会)
「障害年金に携わるなら知っておきたい審査の裏側を大公開!」
(株式会社船井総合研究所主催障害年金分科会)
「障害年金実務研修」
(株式会社船井総合研究所主催)
現在、株式会社船井総合研究所主催障害年金分科会にてオブザーバーを務める。

活動エリア

朝霞市・志木市・新座市・和光市

アクセス

埼玉で障害年金の申請に関してお困りでしたら、これまでにも多くのご依頼を受けてきた実績のある横田年金社労士事務所まで気軽にご相談ください。
当事務所では、元日本年金機構職員の職員として障害年金の審査に携わってきた物として申請のサポートを目指したサポートを徹底しておりますので、埼玉で障害年金の問題なら、横田年金社労士事務所へご連絡ください。

Q&Aよくある質問

埼玉の当事務所が障害年金に関する疑問を解決いたします

障害年金を受給すると、将来もらえる老齢年金が減るなど、不利になることはありますか?

障害年金を受給することで、老齢年金が減ることはありません。日本の公的年金制度は、社会保険、いわゆる「保険」です。基本的には保険料を納め、「保険事故」が起こったときに給付を受ける制度です。そして、公的年金制度でいうところの保険事故とは「老齢」「死亡」「障害」をさしますので、保険事故のひとつである障害が生じたときに、障害年金を請求するのは当然の権利であり、そのことによって不利になるということはありません。

障害年金をもらうと65歳以降にもらえる老齢年金の金額が減りますか?

65歳以降にもらえる老齢年金の金額が減ることはありません。

障害年金の受給が決定したら、ずっともらえますか?

受給が決定した後、1~5年の間に更新の手続きが必要になります。更新の際は診断書を提出することになりますが、診断書の内容で症状が軽減されている場合には、年金が受け取れなくなったり、障害等級が下がることもあります。また、症状が悪化している場合には、障害等級が上がることもあります。詳しくは当事務所へご相談ください。

障害者手帳を持っているので、障害年金はもらえますか?

障害者手帳と公的年金は制度が違います。障害者手帳を持っているから、障害年金を受け取れるというわけではありません。障害年金が受け取れるかについては【障害年金の基礎知識】をご確認ください。

Characteristic特徴

埼玉で障害年金の事なら当事務所へご相談ください

埼玉の当事務所は障害年金の申請を適切にサポートいたします

埼玉で社労士に障害年金の受給に向けて申請のサポートを依頼したいという方は、横田年金社労士事務所へご相談ください。
当事務所の社労士は、社会保険労務士の試験に合格後、日本年金機構の職員として勤務していた経歴があり、その際に障害年金の審査に携わってきた者としての業務を行ってきたため、申請のサポートに向けて適切なアドバイスを行うことが可能です。
当事務所は埼玉の新座市でこれまで障害年金に関する様々なご相談をお受けし、不定休にて9:00~17:00まで営業していることに加え、ご要望に合わせて時間外のご相談も承りますので、多種多様なご相談者様のニーズに合わせて柔軟な対応が可能です。
当事務所の社労士は、ご相談者様のお悩みを丁寧にヒアリングすることが大切であると考え、初回時のご相談料金はかからないため、ご相談者様一人ひとりが抱える問題点の払拭に向けて、様々なご相談ができ、皆様からは厚い信頼をお寄せいただいております。
埼玉の当事務所へ障害年金の相談を希望される方は、お電話、メールもしくは専用フォームより気軽にお問い合わせください。

埼玉の当事務所は障害年金の知識が豊富な社労士が対応いたします

埼玉で障害年金に関するご相談をされたいという方は、横田年金社労士事務所へ気軽にお問い合わせください。
埼玉の当事務所はこれまで障害年金に関するご相談をお受けした実績が豊富にあり、年々増加したうつ病をはじめとする精神障害を患い、障害者認定が難しいために年金受給にお困りの方にも適切なサポートを行います。
当事務所の社労士は、日本年金機構の障害年金の審査に携わってきた者として携わっていたため、これまでに培ってきた豊富な経験と知識の下、申請のサポートに向けて多角的な観点からアドバイスすることが可能であり、常に親切丁寧な対応を心掛け、些細な事も気兼ねなくご相談できる雰囲気作りに努めております。
当事務所は多種多様なご相談者様のニーズに合わせて、営業時間外の対応も可能とするほか、初回時のご相談料金はかからないため、実際にご相談された方からは受給に向けて有意義な時間を過ごせたとご好評のお声を多数いただいております。
障害年金のご相談先なら埼玉の当事務所へお電話、メールもしくは専用フォームよりご連絡いただき、ご来社時には社労士までどのような事もご相談ください。